タグ:コクマルガラス ( 2 ) タグの人気記事

コクマルガラスさん♪「暗色型・淡色型・中間型」

 コクマルガラスは全長33cm、カケスや鳩位の大きさです。渡りをするカラスで中国北部から
 シベリアで繁殖し、越冬のため南へ移動します。日本には九州に飛来しますが、ここ10数年前
 から北陸地方や関東平野北部にも毎年飛来するようになってきました。
  コクマル単独でいることはなく、ミヤマガラスの群れの中に混じっています。
 その数は多くなく、数羽から十羽程度です。色は肩から腹が白い「淡色型」、そして真っ黒な
 「暗色型」、白い色が薄い(グレーっぽい)「中間型」と言うタイプがあります。
 淡色型は非常に数が少なく稀で、今回の群れの中には3羽確認する事が出来ました。
 その中にコクマルガラスの暗色型(左)、淡色型(右)が仲良く並んでいました♪
e0218518_21332535.jpg

 この子は、「中間型」です。白い部分がグレーって言う感じの色でした。
e0218518_21342177.jpg

 生憎、青空では無かったので、空が真っ白です・・(^^;
e0218518_2135327.jpg

 暗色型3羽と淡色型(パンダ柄)1羽です♪
e0218518_21352681.jpg

 淡色型のコクマルガラスの飛翔です。
e0218518_21355296.jpg

   撮影日:2011年11月27日
   撮影者:By  Mint

にほんブログ村 鳥ブログへ

にほんブログ村
野鳥ブログに参加しています。
1日1クリックのご協力お願いしますm(_ _)m


by kenxken_mints | 2011-12-02 21:59 | 野鳥 | Comments(10)

またまた初見♪初撮り「コクマルガラス」さん♪

 この子に会いたくて遠征して来ました。「コクマルガラス(上)ミヤマガラス(下)」です。
 「スズメ目 カラス科 」の鳥さんで全長33cmの小さいカラスさんです♪主にミヤマガラスなど
 の群れに混じっていました。♂ ♀ 同色で、嘴は短く、体に白色部分のある淡色型と全身黒色の
 暗色型がいます。暗色型は顔から後頭が淡く灰色がかっていて、他はほとんどが褐色がかった
 黒色です。淡色型は襟と腹が白く、これらはつながっており、他の部分は黒色です。また他には
 両方の中間型もいるようです。この子は淡色型のコクマルガラスさんです♪電線がブランコに
 見えます♪とっても小さくてカラスのイメージが変わりました(*^^*) 可愛い♪
e0218518_1011748.jpg

 電線に止まっている時は割りと近くで撮っても大丈夫のようでした。一生懸命、羽根の手入れをしていました。目の中にキャッチを入れるのが難しかったです(^^; ※ノートリです♪
e0218518_0492341.jpg

 下に降りている時のコクマルガラスさん♪お目目がクリっとしていて本当に可愛いかったです♪
e0218518_0493379.jpg

 300羽位?の沢山のカラスの群れの中に3羽のコクマルガラスさんを確認する事が出来ました。
 鳥撮り仲間の方の案内で楽しい時間を過ごす事が出来ました♪また現地でお会いした方々にも
 大変お世話になりました♪ありがとうございましたm(__)m
e0218518_0494350.jpg

   撮影日:2011年11月27日
   撮影者:By  Mint

にほんブログ村 鳥ブログへ

にほんブログ村
野鳥ブログに参加しています。
1日1クリックのご協力お願いしますm(_ _)m


by kenxken_mints | 2011-11-30 01:12 | 野鳥 | Comments(14)